小学校や幼稚園の入園・入学準備に役立つお名前シール通販比較サイト

防犯対策にお名前シール

鉛筆

防犯対策をあまりしていなかった一昔では、子どもを狙ったショッキングな事件が起こり、社会問題となりました。そして、防犯対策が義務付けられたり、数々の防犯グッズも登場しました。しかし、その後も子どもを狙った事件は後を絶ちません。犯人はさまざまな防犯対策を潜り抜け、巧妙な手口で何も出来ない子どもを狙っているのです。

最近小学校では、防犯ブザーが配布される事もあります。しかし、防犯ブザーをポケットの中に入れておいたまんま洗濯をしてしまい、うっかり壊してしまった…なんて事もよくありますよね。さらに、防犯ブザーの誤動作も目立ってきている事もあり、気付かれない事もあるかもしれません。

子どもを狙った事件には一人で行動することもある通学や下校時の誘拐事件が多いため、「知らない人についていったらダメ」と日ごろから教えていなければなりませんが、「お母さんの友達だけど、あっちでお母さんが待っているから行こう」などと、わざとお母さんの知り合いだと嘘をつき、子どもを安心させるフリをしてそのタイミングを狙っています。最悪ですよね。

さらに、狙われる原因となる意外な落とし穴を知っていますか?それが、名札やお名前シールです。名札やお名前シールはその名の通り自分の名前が記載されているものなので、知らない人でも簡単に名前を知られてしまいますよね。そして「〇〇ちゃん、久しぶりだね、覚えてる?」と言われれば、ついつい子どもも返事をしてしまうのです。実際、体操服や名札を見て名前を知り、お母さんの知り合いだと名乗って誘拐しようとした事件もあるのです。  この事もあってか、お名前シール会社も防犯対策に力を入れていることは知っていますか?お名前シールは小学校でも使用できるものが多いですが、最近では文字が角度によって見えるお名前シールが登場しているらしく、遠目からでは全く分かりません。なので、大切なわが子を危険から守ることが出来ます。

子どもは知らない人に対しての恐怖心や、注意しておかなければならない事の判断が一人ではできません。そして、日々教えてきた「知らない人についていかない」の一言だけではその怖さも伝わりづらいのかもしれません。どうして知らない人についていってはいけないのか、知らない人についていってしまうとどうなってしまうのか、ママも、あなたも悲しい事が起こるとしっかり伝えておく方が良いのかもしれません。怖がる子どももいるでしょうが、愛するわが子を守るためにも、真剣に向き合わなければならないのです。

TOP